英語発音の基礎コース


「英語発音の基礎」
コースでは、英語で話すために必須である英語発音の基礎を徹底的に
練習し、身につけることを事を目指します。

まず、以下の質問に答えられますか?

Q1: 自分の英語がうまく伝わらなかった理由は何だと思いますか?
Q2: 日本人の話す英語が英語らしく聞こえないのはなぜでしょう?
Q3: 電車の中で欧米人の声が特に大きく聞こえるのはなぜでしょう?
Q4: ネイティブ話者の会話がなかなか聞き取れないのはなぜでしょう?
Q5: 単語だけの発音がひとたび文章になると全く違ってくるのはなぜでしょう?
Q6: カタカナ英語に注意しないといけない理由は何でしょう?
Q7: アイデア idea、アドバイス advice/advise、キャリア・経歴 career を
   英語で正しく発音できますか?
Q8: マネージャ manager、レポート report、ビタミン vitamin、ウイルス virus を
    英語で正しく発音できますか? 

 答えをこの学習コースの中で見つけていきましょう。

言葉には4つのスキルがあります。そのうち、
  「読む Reading」と「聞く Listening」は、インプット(Input) で、
  「書く Writing」と「話す Speaking」はアウトプット(Output)

ということができます。また、
  Reading と Writing の2つは文字情報、
  Listening と Speaking の2つは音声情報

となりますが、一般的に日本人はこの音声情報の扱いが苦手と言われています。

逆にこの音声情報の Listening と Speaking を強くしないと英語力が身に付きません。

良質の英語のアウトプットのためには、良質の英語のインプットが重要です。

したがって、発音を徹底的に学習し、鍛えることによって、英語力は大きく上達
するという事が言えます。

コースの詳細、教材のサンプル、無料お試しコースなどについては、
PROMNET-ONLINE のサイトでもご紹介しています。

英語の発音の基礎コース (L1030) の詳細と料金は下をクリックしてください。

 英語の発音から始めて、アクセント、文章、イントネーションとリズムをつかむ
ことができると、スピーキング力が向上します。同時に、自分で発音できる単語や
文章は聞き取れるようになり、リスニング力も向上します。

語学は何歳になっても学べます。費やした時間だけ上達します。

<特長>
・社会人のための英語発音基礎コースです
・伝える、伝わるための発音の基礎を徹底的に練習します
・日本人が陥りやすいポイントを押さえ、効率的に学びます
・受講者のスキルや目的に合わせ、最適のプログラムと教材を活用します

<内容>
英語の発音の基礎、高低アクセントと強調アクセント
・アクセントとイントネーション(抑揚)とリズム
・日本人に苦手な[r] と [l] 、[b]と[v] などの徹底練習
・伝わりやすい単語、聞き間違いやすい単語
・早口言葉の練習など
・オーディオとビデオ機器、スマホも活用しながらのオンライン個別指導
・日本人講師、英語ネイティブ講師を選択、または組み合わせのレッスンが可能
・1回60分、全12回のコースで、月4回とすると約 3か月で修了
・時間帯:原則月~土 09:00~21:00(JST 日本標準時間)(受講者と個別調整)
・使用テキストブックなどの教材費は、別途実費をいただきます 

コースの詳細、教材のサンプル、無料お試しコースなどについては、
PROMNET-ONLINE のサイトでもご紹介しています。

英語の発音の基礎コース (L1030) の詳細と料金は下をクリックしてください。

質問の続きです。全部できたら、あなたは語学の才能があります。

Q9: 胸式呼吸と腹式呼吸を使い分けられますか?
Q10: 関西弁と関東弁のアクセントで、雨、飴、橋、箸、端を言い分けられますか?
Q11: バスの車内アナウンスで「危険ですから」を「チケンですから」と聞こえる
    理由は何だと思いますか?
Q12: 水 waterという単語をアメリカ式発音とイギリス式発音で言い分けられますか?
Q13: リズム感のある人、音楽が得意な人が語学が得意な理由は何だと思いますか?
Q14: 次の早口ことばを言えますか? Red lorry, yellow lorry, red lorry, yellow lorry.
Q15: 次の早口ことばを言えますか? She sells seashells by the sea shore.
Q16: 次の早口ことばを言えますか? Can you can a can as a canner can a can?